医薬品流通

医薬品流通の専門企業として
「医薬品の安定供給」に全力を尽くします

私たちセイエルの役割は、医薬品を必要としている方が速やかにかつ安心して使用できるようお届けすることだと考えています。
商品の入荷から保管、出庫・配送の各工程を徹底的に見直し、業務の効率化を極限まで進めていくと同時に、少子化による将来的な労働力不足も見据え、
機械によるオートメーション化の実現等、新たなビジネスモデルにもチャレンジしています。
これらにより、将来にわたって安定的に医薬品の提供を行い、地域医療に大きく貢献できるよう私たちはこれからも努力し続けていきます。

  • 安心
  • 安全
  • 正確・迅速
  • 万全
  • 安心
  • 安全
  • 正確・迅速
  • 万全

徹底したトレーサビリティ

トレーサビリティという言葉は、製品の生産段階からの患者様の手に届くまでのプロセスが追跡可能であることを指します。物流センターでは、医薬品のロット(製造番号)や使用期限等を在庫管理システムで一元管理をし、流通過程のすべての段階でそれぞれの医薬品がどこにあるかを確認できるようにしています。また、万が一の製品回収にも速やかに対応できるよう備えています。お得意先までの徹底したトレーサビリティの実現で、安全と安心を提供いたします。

出荷精度の向上

医薬品の入荷から出荷までの全工程でバーコードチェックを行って、誤出荷の防止に努めています。バーコードチェックのほかにも、出荷精度を上げるために、最新のシステムを積極的に導入し、出荷精度99・99999%(セブンナイン)の実現はもとより、人手による作業の削減に向けたロボットによる自動化を行っています。最先端の技術を駆使したシステムロボットの導入など、物集設備のイノベーションを進めることで、更なる出荷精度の向上に努めています。

徹底した温度管理

近年、希少疾病用医薬品(オーファンドドラッグ)をはじめとして、厳格な温度管理を必要とする医薬品が増えています。物流センター内に、医薬品を一定の温度で管理できる保冷品倉庫を設置してます。配送の際にも専用の保冷ボックス及び温度ロガーを用いて一定の温度を維持するように細心の注意を払っています。

新配送機能と営業所物流の効率化

物流センターの最先端システムロボットの導入や出荷精度の向上等に伴い、お得意先別やメーカー順オリコン詰めにより、営業所の仕分作業の省略・入庫作業の簡素化が可能になります。また、お得意先でのNO検品システムやセンター発配送便のサービスを提供し、納品リードタイムを短縮する等、お得意先サービスの拡充を目指しています。

万全な災害対策&セキュリティー対策

物流センターと営業所では、災害時の停電に備えて非常用自家発電機を設置しています。また、物流センターが被災した場合には、近隣の物流センターから速やかに供給補完できる体制を整えています。情報管理の面では、東京と大阪のデーターセンターの二重化で、災害が起きた場合には切替が可能なシステムを構築しています。更に、定期的な災害対策訓練の実施を行うなど、災害時における安定供給の体制を構築し万全の対策を行っています。