プライバシーポリシー

TOP > プライバシーポリシー

株式会社セイエル(以下「当社」といいます。)は、個人情報保護の重要性に鑑み、個人情報の保護に関する法令およびその他の規範を遵守し、当社の親会社が定める「東邦薬品株式会社倫理綱領」および個人情報保護コンプライアンス・プログラムにもとづいて、個人情報保護の管理体制を確立するとともに個人情報を適正に取り扱います。

1.個人情報の収集および取り扱いについて

当社は、個人情報を適正かつ公正に個人情報を収集し、収集に際してはあらかじめ利用目的を明示します。
当社は、あらかじめ通知又は公表した利用目的の達成に必要な範囲内で、個人情報を取り扱います。
※当社の個人情報の利用目的は、「個人情報の利用に際して」をご覧ください。

2.個人データの提供について

当社は、次の場合を除いては、保有する個人データを第三者に提供または開示しません。
1) 提供いただいたご本人の同意を得られた場合
2) 法令等の規定に従い、提供または開示する場合
3) 個人情報保護法第23条第2項に定める手続を遵守して、情報を提供する場合

3.委託業者に対する提供および監督について

当社は、業務を円滑に進めるために、個人データの取り扱いに関する業務を委託し、またはシステム等の発注などを行う場合は、その委託先等に対して業務に必要な範囲内で個人データを提供または開示するとともに、次のような措置を講じます。
1) その委託先等と機密保持契約等を締結して個人データの安全管理を義務づけます。
2) その委託先等に対する必要かつ適正な監督を行います。

4.個人データの管理について

当社は、次のことを遵守して、個人データの管理体制を確立し、維持します。
1) 個人データの内容について、その正確性および最新性の保持に努めます。
2) 個人データの漏えい・紛失または破壊・改ざんなどの防止、不正なアクセス、その他の個人データの安全管理のための適切な安全管理措置を講じ、その維持に努めます。

5.個人情報保護に関する啓発について

当社は、役員および従業員に対して、個人情報を保護することの重要性および必要性の認識を高め、徹底を図ります。

6.保有個人データに関するお問合せ、利用目的の通知、開示・訂正・利用停止等について

当社は、ご本人から当社が保有する個人データに関するお問合せ、利用目的の通知、開示・訂正または利用停止等を求められた場合、「保有個人データの開示等を請求される場合の手続」に従って、合理的な範囲で速やかに対応します。

平成17年4月1日制定

株式会社セイエル