セイエルの声

薬剤師

2015年入社

藤本 梨沙

学生時代はどのように
過ごしましたか?

「国試があるから勉強をちゃんとしないといけない!」という思いで大学生になりましたが、バドミントン部に所属してバイトもして、学部以外の友人ともよく遊んで過ごしました。もちろん勉強もほどほどに頑張り、国家試験も1回で合格することができました。本当に学生時代を謳歌したなと思います。今でも薬学部はもちろん、バドミントン部の友人とも交流があり、一緒に旅行に行ったり、仕事・プライベートのことを相談したりと、私の大切な存在となっています。

どのような就職活動をしましたか?

実習を経験し、病院は検査値や疾病についてより深く勉強できるので、「病院に就職すれば、薬剤師としてスペシャリストになれる!」と思いました。しかし、私は薬剤師として成長したい思いもありましたが、それ以前に社会人として成長したいという思いが強くありました。そこで、企業で働く薬剤師に興味を持ち、メーカーや卸について調べました。地元で働きたい思いがありましたので、地域に密着した事業を行っている医薬品卸に絞り、インターンシップや説明会に参加しました。説明会等に参加して、さまざまな商品を取り扱う医薬品卸の薬剤師なら「ジェネラリスト」になれると思い、セイエルに決めました。

現在の仕事はどのような内容ですか?

医薬品卸の薬剤師の仕事は多岐にわたります。主に販売管理業務、品質管理業務、情報管理業務、PMS業務、研修業務があります。医薬品卸は薬機法をはじめ、さまざまな法律を守って営業しなければなりません。
私は現在本社に勤務しており、他部署の方々と、先程紹介した業務をより良いものにするためには、どうしたらいいか話し合いをして、業務の手順や役割を決定・実行する仕事をしています。今は他部署の方から「藤本さん、これはどうしましょうか。」と相談をもちかけてもらえることが増えました。頼りにされていることを実感でき、嬉しく思います。

セイエルでの将来のビジョン

入社当初は一人薬剤師なんて不安だし、ずっと複数の薬剤師がいる事業所で働きたいなと思っていました。
今は複数の薬剤師がいる中で、上司や先輩になんでも質問できる環境です。しかし3年働いてみると自分に自信もついてきますし、もっといろんなことに挑戦してみたいと思えるようになりました。
これからは一人でひとつの事業所の管理薬剤師として、より責任のある仕事をしてみたいと考えています。
また、セイエルには育児と仕事を両立して働く先輩がいらっしゃいます。私も先輩方のように、育児と仕事を両立できる薬剤師になりたいと考えています。

就職活動中の学生へのメッセージ

私は病院と卸に絞ったので、薬局や製薬企業の説明会には全く参加しませんでした。働いてみるとメーカー、他卸、病院・薬局と関わっており、今となっては、どのようなメーカーなのか、どのような病院・薬局なのか知っておくことは業務や関係者とのコミュニケーションに役立つと思うようになりました。国家試験の勉強に焦る気持ちもあるかと思いますが、時間をかけてさまざまな職場を見ることができるのは今しかありません。業種を限定せず、自分があまり興味を持っていない職種や、就職を希望していない病院、薬局、企業など様々な説明会などに行き、比較することも大切だと思います。身体には気を付けて、就職活動頑張ってください。

PRIVATE プライベート

写真は大学時代の友人と京都に旅行したときのものです。大学時代の友人との旅行や飲み会にはよく参加しています。土日祝が休日なので、ライフワークバランスが取りやすいと感じています。プライベートが充実していると、より仕事に頑張って取り組むことができます。

セイエルの声

  • MS/マーケティングスペシャリスト

    2012年入社

    正木健太郎

  • MS/マーケティングスペシャリスト

    2012年入社

    山脇佑貴

  • MS/マーケティングスペシャリスト

    2012年入社

    田邊顕久

  • MS/マーケティングスペシャリスト

    2013年入社

    折本伊知郎

  • MS/マーケティングスペシャリスト

    2013年入社

    友重和大

  • MS/マーケティングスペシャリスト

    2014年入社

    藤原拓真

  • 薬剤師

    2015年入社

    藤本梨沙

  • 薬剤師

    2017年入社

    中嶋 望