社員を知る

若手社員の座談会

  • 藤本梨沙

    2015年入社
    薬剤師
    薬学部卒業

  • 藤原拓真

    2014年入社
    MS
    商学部卒業

  • 友重和大

    2013年入社
    MS
    情報学部卒業

  • 林和宏

    2013年入社
    MS
    人文学部卒業

  • 古本宏幸

    2013年入社
    MS
    法学部卒業

セイエルに入社した時の社内の印象はどうでした?

古本説明会で先輩社員の雰囲気や仕事内容に惹かれたのですが、「実際はもっと堅い雰囲気なのだろう」と思ってました。

入社してみるとどうでした?

藤原説明会と変わらずすごく明るいです。

藤本私も思いました!

朝礼時のピシッと緊張した雰囲気はまた気が引き締まります。

藤原そして飲み会など盛り上がるときは思いっ切り盛り上がるんです。そのギャップには驚きましたね。先輩たちは仕事中とそれ以外の時間のメリハリの付け方が上手いのです!

古本そうですね。会社の方針としてもオンとオフの切り替えを大事にしている点がいいですよね。

本当にそう思います!

友重あと、上司と部下の関係がすごくいいですね。

具体的には?

藤原「指示する」「指示される」といった一方通行の人間関係ではないです。

藤本話の筋が通っていれば、部下の意見でも耳を傾けてくれます。上司に対して「ちょっと言い過ぎたかな」と思えるような発言をしても、それが正しければ受け入れてくれるし、自分の意見をどんどん言うことを求められます。

藤原もちろん、間違っていれば、その場でピシッと!言ってくださります。

友重そうです。悩んでいるときも声掛けしてくれて救われますね。

私も今振り返ると、「どういう人たちと働くか」を一番大切にして会社を選んだことを思い出しました。結局、「働きやすさ」って突きつめると「人」や「社風」によるところが大きいです。

最後にセイエルの魅力を教えてください!

古本アンテナを張り、発見し、学び取り、そして仲間とともにチャレンジしていく。上司、先輩後輩の垣根を越えて自由に意見を交わすことで、自分自身が成長していけると思っております。

友重なんといっても風通しのよさです。やる気のある社員には多少スキルが不足していても、 手を上げれば本人が納得出来る方向に進められるよう話し合い、仕事をある程度任せてもらえるようになります。

もちろん、覚える事は山ほどあり、これは自身の努力が必要です。 もともと、私は文系出身ですが、MSとして成長できるのも社内の研修や教育でしっかりと教えてもらえる環境だからだと思います。文系出身の学生さんも安心して下さいね(笑)

藤本そうですね。研修は充実していますね。それに育児休暇制度を利用して産休育休をとって復帰されている先輩もいますよね。女性にとっても働きやすいところも魅力だと思います。

藤原休日には気分転換も兼ね先輩とゴルフに行くことも。いろいろな話が気軽に出来る…そんな風通しの良さも会社の魅力です。